目的

Node.js におけるテストで Jest を使用する場合、DOM API が関連するテストは JSDOM の実装によって実行されます。この JSDOM はブラウザーと完全に同じ実装を持っているわけではなく、location.href への代入ができないなどの制約があります。そのため Jest でもこれに合わせて JSDOM の API を使用したテストコードを記述する必要があります。

準備

Jest では JSDOM の API を直接参照することができないため、jest-environment-jsdom-global をインストールします。

$ npm i jest-environment-jsdom-global jest-environment-jsdom

package.jsonjest の項目にも追加しておきます。

{
  "jest": {
    "testEnvironment": "jest-environment-jsdom-global"
  }
}

CI などの環境で Node.js の Intl API をはじめとする国際化サポート1が想定した挙動にならない場合があります。たとえば Travis CI の Node.js 環境で以下のコマンドを実行すると ja を指定していても en-US 相当の出力になっています。

$ node -p '(new Intl.DateTimeFormat("ja")).format(new Date())'
3/26/2019

Node.js の i18n は ICU を必要としており2、スクリプト実行の前に full-icu をインストールして環境変数に出しておけば正常に動作します。

$ npm i -g full-icu
export NODE_ICU_DATA=$(node-full-icu-path)

$ node -p '(new Intl.DateTimeFormat("ja")).format(new Date())'
2019/3/26

Travis CI の場合は .travis.ymlbefore_install などに指定しておくと期待した出力が得られます3

環境

Node.js v11.10.0
Travis CI Worker v6.2.0

脚注