Windows バックアップで NAS を使う

Windows    , ,    2018年3月18日

NAS があると PC のバックアップ先に利用することも多いと思いますが、Windows 7 では Professional 以上のエディションでないと Windows バックアップからネットワークバックアップを選択することができません[1][2]。Windows 8 以降ではすべてのエディションで有効になっていますが、ここでは Windows 7 Home Premium で NAS にバックアップを保存してみます。

VHD を作成する

Windows 7 では VHD という仮想ディスクのファイル形式がネイティヴでサポートされ、これをマウントすることで物理的に接続された HDD と同じように扱うことができるようになりました[3]

  1. [コントロール パネル] → [ディスクの管理] を開く
  2. [操作] → [VHD の作成] で NAS 上に容量固定の仮想ディスクを作成する
  3. 作成した仮想ディスクにフォーマットを実行する
  4. [ドライブ文字とパスの変更] からドライブ文字を設定しておく

Buffalo の NAS に 200 GB の仮想ディスクを作成しましたが約 1 時間で完了しました。